早稲田大学 理工学術院総合研究所 Research Institute for Science and Engineering

研究スペースとPJ研究参加費

PJ研究参加費・PJ研究室利用料

理工総研でPJ研究を展開する場合には、PJ研究参加費をお支払いただきます。また、PJ研究室を借用する場合には、その利用料としてPJ研究室利用料をお支払いただきます。PJ研究参加費、PJ研究室利用料の額については以下の通り定めます。(2017年4月から適用)PJ研究進捗上の都合により、PJ研究室を契約期間よりも早く返却する場合には、返却する当月末までの月割りで精算します。

PJ研究室 PJ研究参加費(年額)
PJ研究室利用料(年額)
なし 30万円
なし
共通プロジェクト室 1机 免除
50万円
共通プロジェクト室 1机 免除
40万円
プロジェクト研究室を利用している、かつ
共通プロジェクト室の机に空きがある場合
55号館S棟 1ユニット 免除
240万円
喜久井町 1ユニット 免除
200万円

喜久井町キャンパスの一部、63号館、シルマンホール
の研究室は部屋の面積に応じてPJ研究室利用料が変動

PJ研究参加費、PJ研究室利用料のお支払

年間1回(請求書は12月に発送予定)年額一括の振替請求とします。(9月末で終了するPJは6月ごろ請求予定) 分割払いもしくは、特定の時期の支払を希望する場合には、個別に相談してください。なお、財源は「特別勘定」、「指定寄付」、「公的研究費(委託元が支出を認めた場合)」のいずれかとします。

研究スペース

プロジェクト研究代表者は、希望により理工総研が55号館S棟および喜久町キャンパスの研究スペースを利用することができます。研究スペースの利用申請は、プロジェクト研究新規申請時の他、年2回の公募時に行うことができます。申請はPJ研究室増室・減室願いをダウンロードしてご提出ください。減室を希望する場合は随時申請を受け付けますのでPJ研究室増室・減室願いをご提出ください。なお、PJ研究室利用料は月割りで請求します。 PJ研究室利用に係る審査は、プロジェクト研究室貸借に関する申し合わせ(2015年2月理工研運営会議)に基づき、申請書の内容、使用実績、研究費獲得計画等を総合的に勘案して行われます。

申請 審査 採択 研究室利用開始日
4月~5月頃 6月~7月 7月 10月10日
10月~11月頃 12月~1月 2月 翌年度4月10日

貸与した研究スペースは、下記の要領で返却日まで適切に使用してください。
(1)55号館は居室としての利用を原則とします。喜久井町は危険物を伴わず、大量の排水を要しない実験は可能です。
(2)55号館および喜久井町2~3階の荷重上限は300kg/㎡です。喜久井町B2~1階は事前に許可を得た場合に限り大型実験設備の設置が可能です。
(3)壁や床などスペースの基本インフラに手を加える工事を行う場合、事前に理工総研事務所にご相談ください。
(4)スペース返却は、PJ研究終了日の10日前とします。退去時には原状復帰を行ってください。その経費は研究室負担とします。