早稲田大学 理工学術院総合研究所 Research Institute for Science and Engineering

研究員人事 Researchers

研究重点教員およびプロジェクト研究代表者は、研究員嘱任申請を行うことができます。原則として、本学の規定に則った給与を支払う必要があり、その際の給与はプロジェクト研究代表者が受け入れた研究等による学外からの資金となります(理工総研が募集する次席研究員を除く)。なお、嘱任日は毎年4月1日付および10月1日付の2回と限定されています。公募についてはホームページ等で周知いたします。

*(参考)本学の研究員制度一覧

種別 概要 任期 嘱任資格 申請手続
研究重点教員 理工学術院に所属する専任教員のうち、一定期間教務負担が軽減され、研究活動に重点を置くことのできる教員 1期5年、再任を妨げないが最長2期 専任教員 公募がある場合、
会議、Webで周知
理工総研が募集する次席研究員 他に本務をもたない者であって、本大学における外部資金に基づくプロジェクト研究等において一定の期間専ら研究活動を行う者 3年
但し、2年を上限に延長可
研究上の学識、業績、身分等が講師に相当する者

理工総研運営会議にて審議ののち、Webで周知

「理工総研が募集する次席研究員」人事申請書

または

「研究員等」人事申請書

教員任用履歴書

上級研究員
次席研究員
主任研究員
【上記を除く研究員】
1年以内
更新可
ただし、受入期間は最長10年
研究上の学識、業績、身分等がそれぞれ本大学の教授、准教授および講師に相当する者
研究助手 研究活動を行う者のうち、その学識、業績、身分等が本大学の助手に相当する者
客員上級研究員
客員次席研究員
客員主任研究員
国内または外国において他に本務をもつ者であって、本大学に来訪し、外部資金に基づくプロジェクト研究等において一定の期間専ら研究活動を行う者 研究上の学識、業績、身分等がそれぞれ本大学の教授、准教授および講師に相当する者
兼任研究員 兼任研究員の項を参照。名誉研究員、招聘研究員、嘱託の申請はこちらを参照ください。
名誉研究員
招聘研究員
嘱託
委託研修者

上級・次席・主任研究員等 嘱任までの流れ

研究員の雇用申請の大まかな流れは次のようになっています。

【要確認】理工総研での外部資金による研究員人事申請における申し合わせ

  1. 嘱任申請準備
    資格を検討の上、必要書類をご準備ください
  2. 提出
    1.の資料を理工総研事務所に提出してください
  3. 審査・採択
    ①各系部門委員会 → ②理工総研運営会議 → ③理工総研運営委員会
    その後学術院、大学の審議を経て決定
  4. 雇用契約書の締結
    「雇用条件確認書」が申請者宛に発送されます。

【注意!】
嘱任予定の方が外国籍の場合は、採択決定後、在留資格および査証申請手続きが必要となるため更に2~3ヵ月要します。
手続きは、外国籍で海外在住者の研究員嘱任後の人事手続について(PDF)をご覧ください。

継続申請・解任

研究員の継続・解任について毎年11月頃にメンターとなっている兼任研究員にお伺いします。なお、年度途中での解任の場合は、すみやかに理工総研事務所にご連絡をお願いします。