早稲田大学 理工学術院総合研究所 Research Institute for Science and Engineering

理工総研が募集する次席研究員制度

研究重点教員およびプロジェクト研究代表者(部屋なしPJ研究代表者は除きます)であれば、本制度の次席研究員(常勤)の嘱任申請を行うことができます。
なお、手続についてはホームページで周知いたします。


制度の目的

理工学術院総合研究所(以下、「理工総研」という)は、理工総研の研究体制の充実をはかると同時に優れた研究能力を有する若手研究者の研究を奨励するために、理工総研が募集する次席研究員(以下、「理工総研次席研究員」という)を若干名置きます。理工総研次席研究員は、他の研究機関への正規採用を目指すポストドクターへの暫時的な支援を主たる目的としています。

理工総研次席研究員の嘱任資格

研究上の学識、業績、身分等が講師に相当する者とし、常勤として週4日以上、1日平均8時間の勤務が可能な者となります。
※雇用形態が常勤となるため、学外にある本務や、日本学術振興会の特別研究員と兼務することはできません。
※以前に理工総研募集次席研究員として嘱任された方の再任はできません。

理工総研次席研究員の嘱任日

嘱任日は原則毎年4月1日付(11月募集)または10月1日付(3月募集)となります。

理工総研次席研究員の任期

任期は、嘱任日から3年以内とし、2年を上限に延長が可能です。なお、プロジェクト研究期間の範囲内となります。
※本学の規約上、2013年4月1日以降に本学と雇用契約がある場合は、期間や再任用の有無、期間については必ずしも上記とならない場合があります。

理工総研次席研究員の募集枠

理工総研の各研究部門委員会で定められている人数の枠内(3~5名)の範囲で、若干人を募集します。

理工総研次席研究員の給与

次席研究員の年齢を加味して複数号の適用としています。詳細は、応募時に公開する申請書類をご覧ください。
なお、財源は理工学研究所特別勘定から、2017年度より本学の研究推進部主管予算となっています。

理工総研次席研究員の嘱任付議

理工総研内の所定の会議を経て、理工総研運営委員会に付議されます。

理工総研次席研究員としての義務

(1)奨励研究に専念するとともに、理工総研所長の指示により理工総研の事業遂行に協力しなければならない。
(2)理工総研報告(ASTE)に研究成果を報告しなければならない。
(3)発表論文において所属が理工総研と明記しなければならない。
(4)本学が定める「研究倫理教育」を受講しなければならない。

理工総研次席研究員「奨励研究」への助成

「奨励研究」に対して助成します。研究員へは、制度利用開始の際の申請書提出、年度末の研究費支出報告書の提出を求めています。