早稲田大学 理工学術院総合研究所 Research Institute for Science and Engineering

【開催報告】2017年10月29日 理工総研第2種行事「VRコンテンツ制作において押さえておくべき6つのポイント」(河合 隆史教授)

イベント

本セミナーでは、バーチャルリアリティ(VR)が目指すべき臨場感や没入感の品質を「センス・オブ・プレゼンス」と定義し、その維持・向上に必要な取り組みや枠組みの共有を目的とした。
具体的には、当該分野を代表するクリエイターや研究者が、これまでの経験や取り組みの事例と、そこから得られた知見について紹介・議論した。
講師:
・ 秋山 賢成 氏(株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・ 玉置 絢 氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
・ 河合 隆史(早稲田大学)

▲ ページTOPへ戻る