早稲田大学 理工学術院総合研究所 Research Institute for Science and Engineering

【開催報告】2017年12月4日  理工学術院総合研究所 次席研究員 研究成果報告会(2017年度第2回)

イベント

2017年12月4日(月)15:00より、63号館2階03会議室において、理工学術院総合研究所次席研究員研究成果報告会(2017年度第2回)が開催されました。
当日は、研究員9名による発表が行われました。

発表に先立ち、木野 邦器 理工学術院総合研究所 所長より、開会挨拶が行われました。

発表者と内容は下記のとおりです。
1. 小山 昌子
「細胞初期化転写因子が標的ヌクレオソームを認識するメカニズム」
2. 木谷 建太
「ベトナム阮朝期建築生産組織に関する史料調査研究」
3. 新井 大祐
「神経幹細胞の分化制御活性を持つ食品由来化合物の研究」
4. 長岡 央
「月着陸探査搭載用能動型蛍光X線分光計の開発と月科学への貢献」
5. 安田 和弘
「知覚支援装置-神経リハビリテーションの融合による機能回復戦略」
6. 脇田 健裕
「高減衰型薄板軽量形鋼造による省資源・長寿命建築システムの開発」
7. 浅岡 陽一
「国際宇宙ステーションにおける高エネルギー宇宙線観測(CALET)の初期成果」
8. 亀崎 允啓
「機械操作者のプランニング技能の定量化に関する研究」
9. 原 良太郎
「微生物由来アミノ酸修飾酵素の探索と物質生産への応用」

講評として、中井 浩巳 理工学術院総合研究所 副所長より、充実した内容の発表であったこと、このような底力を持つ研究員を生み出す理工学術院総合研究所次席研究員制度を今後も維持していきたいことが語られました。

 

▲ ページTOPへ戻る