早稲田大学 理工学術院総合研究所 Research Institute for Science and Engineering

【開催報告】2018年6月13日 理工総研第2種行事「電力技術懇談会」(中西 要祐教授)

イベント

コンソーシアム電力技術懇談会の主催により、下記のように、申込者140名と、大変盛況な講演会となった。講演は、講演1:富士電機(株)顧問 江口直也 演題「パワーエレクトロニクスの進化」において、パワエレに関して、そのデバイス及び回路の歴史や進歩、今後の進展について述べていただき、講演2:東芝三菱電機産業システム(株)技監 川上紀子 演題「新エネルギー社会を創るパワーエレクトロニクス技術」において、パワエレの市場と電力系統向け(大容量)応用開発として、再生可能エネルギー(主にPVインバータ)蓄電池用インバータ、さらにこれらを組み合わせた変動抑制システムの技術説明について述べて頂き、講演3:東京都市大学教授 中島達人 演題「国内外におけるパワーエレクトロニクスの電力応用の動向」において、御本人が、これまでの電力会社でのご経験に基づき、また現在大学というお立場で国プロの状況を含め、メーカとは異なる観点で、適用側からの視点でお話を頂いた。
講演会終了後別会場にて懇談会を開催、講演者を囲んで講演内容および講演者の研究内容等について 活発な意見の交換があった。

▲ ページTOPへ戻る