早稲田大学 理工学術院総合研究所 Research Institute for Science and Engineering

次世代e-learningに関する研究

次世代e-learningに関する研究
Studies on e-learning for next generation

  • 研究番号:17P55
  • 研究部門:テクノロジー系
  • Research Section:Technological Research Section
  • 研究種別:プロジェクト研究
  • 研究期間:2017/10/01~2019/09/30

代表研究者

代表研究者

後藤 正幸 教授
GOTO Masayuki Professor

創造理工学部 経営システム工学科

URL:

年次報告

研究概要

本研究は主として大学等におけるeラーニングを用いた高等教育を対象とし,学習者の生体情報・学習履歴・学習記録などの学習活動データの収集環境を整備すると共に,得られる大規模データに基づき推定される感情や情動の情報も援用して学習過程をつぶさに分析する方法論を構築する.その結果,学習意欲を向上させ主体的学習を導き,学習効果を最大にする指導を可能とする教育・学習支援環境構築のフレームワークを提案する.そのため,従来のLMS(Learning Management System)上のアクセスログ以上に詳細な学習行動を記録できる電子教材を用い,生体情報・学習履歴・学習記録を網羅的に収集・一元管理するためのLRS (Learning Record Store),並びにこの情報に基づく学生の学習過程を可視化する機構を実装する.さらに,パターン認識や機械学習などデータ解析分野の先進的分析手法を適用する.

本研究では,英語,統計,情報といった各分野で教育経験を有する研究メンバーに加え,データ解析分野の専門家を擁し,ラーニングアナリティクス(学習分析)のブレイクスルーを図る.以上により,メンバーである教員が担当する科目に適用し,授業運営・改善を行いながら,主体的学習を導く反転授業・協同学習やPBL(Project Basd Learning)を適用することはもちろん,詳細な学習分析結果を武器に教育効果を向上させるこれに代わる新しい授業形態を見出すことが目的である

▲ ページTOPへ戻る